子宮がん検診でわかること

子宮がん検診でわかること

女性が対象年齢になると自治体から子宮がん検診のお知らせの案内が書面で届きます。多くの自治体では助成を受けて検診を受けれる為、無料かもしくは少額で対応している産婦人科がほとんどです。
子宮がん検診とは問診票に簡単な質問に答えて、内診台で医師による目視と膣鏡で確認をします。その後頸部と子宮内の細胞を面倒などで採取して検査機関に出します。結果は1週間から2週間程度待つ事が多く、結果は再度産婦人科に受診して聞くか、郵送で対応しています。
子宮がん検診でわかることは子宮頸がんになる疑わしい細胞がないかどうかの前段階の状態がわかります。子宮頸がんは自覚症状がない為、がんがかなり進行しないとわかりにくいですが、子宮がん検診を受ける事でがん化する異形成を起こしている細胞が確認出来る為、事前に発見して早期治療する事が可能です。また、細胞診の検査だけでなく、医師の内診による膣鏡での確認で子宮筋腫の発見や卵巣の病気も発見する事も出来ます。

子宮がん検診後、出血があったら

子宮がん検診は、痛いと感じる人もいれば、まったく痛くなかったと感じる人もいます。
これは医師の腕によるところもありますし、人の痛みの感じ方の差によっても生じるようになっているのです。
しかし子宮がん検診を受けてもいたくなかったという人でも、子宮がん検診後に出血を伴ってしまう事があります。
突然出血をしてしまうと驚いてしまうのは当然ですが、子宮がん検診を受けたことによってその後に血が出てしまうしてしまう人はたくさんいます。
だからと言って検査後に血が出る人が多いとはいっても、危険な状態にある可能性もあります。
再検査を受けるまでの間に何週間も血が止まらないというのはおかしいと言えるでしょう。
病気が進行していると出血を伴うことがありますので、検査結果はきちんと確認するようにしなくてはなりません。
検診を定期的に受ければいいというものでもありません。
きちんと結果を確認して、そこからどうするのかを考えるようにしていかなくてはならないのです。

 

子宮がん検診の予約はマーソ(MRSO)がおすすめ