子宮がん検診に関するニュース

子宮がん検診に関するニュース

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり、どちらも40歳以上の女性に多い病気と言われています。
しかし最近では比較的若い年齢層の女性にも子宮頸がんが見つかるようになってきていることから、その特徴は変化しています。
それは、女性の社会進出による、出産人口や出産年齢などの変化が主な原因と言われ、社会状況の変化とともに、子宮がん検診の仕組みも変化するべきといえます。
最近では、市町村など各自治体などが子宮がん検診の費用を負担していますので、かならず受けておくようにしましょう。
また、女性特有の病気に対する補償の充実した保険なども、検診費用の負担や割引などを行うサービスがあるため、合わせて利用しておくもの、重大な病気の未然に防ぐお役立ちになるのではないでしょうか。
特に、子宮がん検診は、がん以外にも子宮筋腫や卵巣嚢腫といった重大な病気を発見する可能性があります。
まだ受診したことん無い方は是非受けておくようにしましょう。

子宮がん検診お役立ちトピックス

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがありますが、子宮がん検診ではまずは子宮頸がんの検査を行います。この検診を受けることによって、子宮筋腫や卵巣嚢腫の発見の機会にもなります。
子宮がん検診は2年に1回受けます。受付をして日時の予約をとります。そして当日は問診から始まり、視診、細胞診、内診、そして必要に応じてコルポスコープ検査へと進んでいきます。問診表には普段の生活や既往症、これまでの妊娠・出産にかかわる事項、そして不正出血やおりものなど気になる症状をなるべく細かに書いておくと、医師との問診がスムーズに運びます。問診表はあらかじめ郵送される場合もあります。
いよいよ診察室に入ります。検査着を用意しているところもあります。受診者と医師の間にはカーテンがかけてあり、医師の顔は見えません。なるべくリラックスして医師の指示に従いましょう。受診後少量ですが出血する場合もありますので、生理用ナプキンを用意しておくといいです。
診察の結果は、10日~1ヶ月後に郵送されます。なにか異常があれば精密検査を受けることになります。日頃から婦人科の病気のニュースを見て知識を増やしましょう。