子宮がん検診の料金

子宮がん検診の料金

がんの治療で重要なのは、どれだけ早く発見できるかということで、早期に発見できればがんは怖い病気ではなく、完治する率は高くなりますし、治療にかかる時間や費用を短縮することもできます。発見が遅れてしまうと、完治する率が低くなり、治療が大変になるばかりか、費用もかかってしまうため、早期発見が大切です。子宮がんは、初期では自覚症状がほとんどなく、自分で早期発見をするのは難しい病気であり、検診を受けて見つけることが、早期発見の重要な方法です。
子宮がん検診の料金は、1000円程度から1万円を超える程度まで様々です。自分で子宮がん検診を受けると費用が高い場合が多いのですが、自治体や職場の補助を受けることができる場合には、数千円程度が相場です。自治体によっては、無料クーポンがある場合があり、職場の検診でも数百円からの費用で受けることができる場合があります。一度問い合わせをして、機会を逃すことなく子宮がん検診を受けることがおすすめです。

子宮がん検診料金の内訳

子宮がんの検診は近年、国の政策のひとつとして自治体から子宮がん検診の受診に利用できるクーポンが年齢に応じて発行されるようになり、若い方から年配の方まで子宮がん検診を受ける方が少しずつ増加してきました。
子宮がん検診は自治体から発行されたクーポンを利用した場合、無料で検診が受けられたり、検診費用の負担が軽減されます。
しかし、クーポンを利用せずにお住まいの市以外でがん検診を受けた場合には、実費で検診費用を支払う必要があります。
その場合、どのくらいの費用がかかるのかというと子宮頸がんではおよそ10000円程度、子宮体がんでは15000円くらいが目安となるようです。
子宮がん検診を受ける病院によって料金が違うため確認してから訪れる事をおすすめします。
専業主婦の方など、普段検診を受ける機会がないという方の場合、自治体が行う検診では子宮頸がんと子宮体がん両方の検診が2000円程度の負担ので1年もしくは2年に1回検診を受けることも可能です。