子宮がん検診の検査内容

子宮がん検診の検査内容

子宮がん検診では、いくつかの検査項目があります。
まず問診において、日頃の生活の中で子宮部に気になることがあるかないか、医師と話をします。
内診においては、内診台にあがり子宮頚部、子宮口に異常がないかを診察します。
子宮頚部細胞診は、内診台で子宮頚部の細胞を採り顕微鏡で診断します。子宮体がんの細胞診でも、子宮の内部から細胞採り診断します。細胞を採取する際、軽くこすり取りますので、検査後に少量の出血が見られる場合があります。
ヒトパピローマウイルス検査は、子宮頚部の細胞を顕微鏡で診断するとともに、HPVというウィルスの検査をします。これは子宮頸がんの原因がヒトパピローマウイルスであるとわかったため、感染しているかどうかを調べるものです。
経膣超音波検査は、膣内からエコーを挿入し子宮全体を調べる検査です。子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫があるかないかがわかります。
子宮がん検診では、病院によって検査の手順や内容が多少違ったりしますので、確認が必要です。

子宮がん検診の内容は施設で違う?

早期発見が肝要であるとされる子宮がんですが、近年になって比較的若い年齢層の女性が罹患するケースが増えてきています。子宮がん検診を定期的に受けることで、子宮がんの早期発見、早期治療が可能であり、がんだけでなく子宮に関する他の病気も発見することができます。
子宮がん検診は、多くの地域で集団検診または医療機関で行われる施設検診といった形で実施されています。検査内容は、子宮頸部細胞診と内診が基本的なものとなっています。施設で行う検診については、必要に応じて子宮大部細胞診を行う場合もあります。また、施設によっては超音波診断やコルポスコープ診を行っている機関もあります。基本的な検査内容である子宮頸部細胞診にかかる検査時間は2~3分程度となっており、子宮検査にかかる全体の時間についても、比較的短時間で済む場合が多いといえます。また、内診台ではカーテン等で仕切りが施されているため、医師と顔を合わせることなく検査を受けることができるので安心です。