子宮がん検診の注意点

子宮がん検診の注意点

近年では、ある一定の年齢になると様々な定期検診が推奨されていますが、女性は三十代に入れば子宮がん検診や乳がん検診の必要性も声高に叫ばれています。各自治体のほうからも、定期検診の案内が自宅宛に配布されるようになっており、決められた一定期間内であれば検診費用の負担もかなり安く抑えられるようになっており、気軽に来院できるような取り組みがなされています。子宮がん検診を受けるに当たっての注意点は、やはり子宮内を検診してもらうため、生理中などは避けましょう。また、こういった内診だけではなく、問診も重要視されるので、最近の生理周期、生理痛の有無、経血の量など、メモなどに記録して置くようにしましょう。子宮がん検診では、子宮の入り口の組織を採取するので、まれに検診後軽く出血される方もいるため、念のためにナプキンを持参しておく方が良いでしょう。検診時には出来るだけ下半身の着脱が簡単にできるものが良いので、締め付けの少ないスカートなどが便利です。

子宮がん検診受診前の注意点

子宮がんは定期的に検診を受けることで初期の段階で診断が可能です。子宮がんは子宮の入り口にできる子宮頸がん、子宮内膜にできる子宮内膜がんがあります。子宮頸がんのがん細胞は増殖がゆっくりのため、がんになるのに5〜10年かかると言われています。そのため定期検診が重要になります。また、子宮頸癌は20代後半から30代前半に多い経口があります。一方子宮体がんの罹患率は40代後半から50代に増加し、60代にピークを迎えます。子宮がん検診の注意点としては定期的に検診することです。子宮頸がんについては早期発見によりほとんどが治療可能です。また子宮がん検診を受けることで子宮筋腫や卵巣囊腫などの病気を発見できることもあります。検診の注意点としては、検診日が生理機関と重ならないこと、妊娠中や妊娠の可能性がある場合にはその旨を伝える必要があります。検査には問診、触診、細胞診などがあります。子宮体がん検診の場合には子宮内に器具を入れて細胞を採取するので若干の痛みと出血をともなうことがあります。