子宮がん検診と年齢

子宮がん検診と年齢

子宮がん検診を受ける場合は、市区町村が実施する対策型と個人で受ける任意型があります。対策型の場合は、対象年齢は20歳以上からになり、問診と子宮頚部細胞診が行われます。問診で必要と医師が判断した時、子宮体癌も対象となります。自分が対象になっているか、何処で受診可能なのか確認して下さい。子宮頸がんの発症のピークは40~50歳と言われていましたが、低年齢化傾向にあり、20歳代でも増えて来ています。早期発見・治療で治る確率が高くなりますので、保険外診療のため自費になりますが、対象外でも任意で子宮がん検診を受ける事をお勧めします。子宮体癌も生活習慣の欧米化や晩婚化で増加していますので、危険性が高くなる40歳位から毎年受けるようにし、また、親族に子宮がんや乳がんの人がいる場合や、ホルモン療法を行なっている場合はリスクが高くなりますので、毎年の受診が理想的です。医療機関によって検査項目が違ってきますが、卵巣がんなどが偶然見つかり、早期治療に繋がる事もあります。

子宮がん検診のおすすめ施設はケアが充実

子宮がん検診を希望する女性の数は、年々増加しているとされ、悪性疾患の早期発見を目指すには絶好のチャンスとなっています。
特に、おすすめの子宮がん検診の特徴については、インターネット上でもしばしば話題に上ることがあるため、多少なりとも興味を持っている場合には、きちんと情報を集めることが望まれています。
子宮癌検診を受けるタイミングは、大きな個人差があると言われていますが、各自の健康状態や経済的な事情などをじっくりと把握することが何よりも重要なこととして挙げられます。
子宮がん検診を受けるメリットについては、テレビ番組などでも紹介されることがあり、多くの消費者にとって身近なテーマとして位置付けられています。
大学病院や総合病院などには、子宮がん検診のための専門的な体制が整えられており、速やかに治療を行う場合にも好ましい状況となっています。
これからも、病気の早期発見に努める人がさらに増えることが見込まれています。